やぶれかぶれ

WEBの人。酒を燃料に、じゆうにいきる。

所属している会社名でハブられた話

 

f:id:Yabre-Kabre:20160105223653j:plain

 

怒りと悲しみのどん底からこんにちは。

思い余って物騒なタイトルを付けてしまいました。

憂いがあるので酒を飲んだ時にこぼすような愚痴として聞き流してください。
そしてこれは全部嘘です。

 

 

話は数ヶ月前に遡ります

友人Aから話をいただいたことがきっかけです。

 

まずは友人Aの簡単な説明と関係値を記しておきましょう。

 

 -------------------------------------------

   友人A

  • 広告映像系の仕事? 謎。
  • でもIT会社にも所属しているらしい。
  • よくわかんないけどたまに酒を飲む。

 ------------------------------------------- 

 

こんな人です。友人A。

はじめに言っておきます。

友人Aは悪くないですし、恨んでもいません。むしろ彼も被害者であると思っています。

かくも悲しき世よ…と。憂いでいるだけです。

 

 

事の発端となった会話 

(かなり脚色ありますし、フィクションです)

 

友人A 「ほりさん、SNSとかで友人多いよね?知り合いの会社で扱ってる商品のPR手伝ってくれない?」

ホリ「いいよー」

友人A「話早っ!商品の使用シーンを月に何度か呟いたり投稿して紹介して欲しいんだよね」

ホリ「ほほー。月に○回とか? 全然いいよいいよ。FacebookTwitter?」

友人A「どっちでもいいけど友人数多いほうがいいかな」

ホリ「OK~。じゃあFacebookかな。Twitterゴミみたいなつぶやきしかしてないの」

友人A「わかった。先方にアカウントとか伝えておくね。友人にもSNSのフォロワーが多い人っている?その人とかも良かったら紹介して」

ホリ「はーい。結構そういう友達多いから聞いておくね。例えばtwitterのフォロー、フォロワー数の比率とかって関係ないの?」

友人A「あんま関係ないんじゃないかな」

ホリ「わかった」

 

とこんな感じの会話からスタート。

 

私の周りにはインターネッツ有名人が多い。twitterのフォロワー人めちゃ多い凄いマンたちである。

しかしながら、PRツイートとかめんどくさくもあるだろうし…と、乗ってくれそうな人、仲の良い人に聞いてみることにしました。

結果的にほぼみんなOK。17人くらいに声かけて16人が「いいよー」と承諾してくれました。

 

周り友人達の優しさに感謝ですね。

ほんとうにありがたいです。

 

友人を紹介する

そして友人Aに承知してくれた友人のアカウントを伝えることに。

そこから不穏な空気が流れ始めます。

 

友人A「○○さんのプロフの表記、まずいかもなー」

ホリ「えっ、そうなの?じゃあ取り下げてもらうようにいっておくね」

 

と、後出しのレギュレーション発覚。内容は「TENGA」とかそういうレベルのもの。

ちなみに↓である。

twitter.com

 

実際には会ったことないのだが、twitterのふぁぼコミュニケーションとかで仲良くなった。

普段のつぶやきの着眼点も好きだし、ユニークなイケメンナイスガイである。(アイコンを見る限り)

ちなみにプログラムもデザインもできるし いろいろ 作ってた。最高すぎる。

 

まあ、それがいかんと。PRだもんね。イメージ大事だもんね。

アダルトとかエロ系がいかんと。なるほどね。

 

 

んっ……!?

 

 

私の会社、大丈夫…?

(あえてここには書きません。辿ればすぐわかる)

 

 

と、心配になったが予感は的中。

 

友人A「ほりさんのFacebook上の発言に問題はないんだけど…。社名でアウトだって…。その他紹介してくれた人、アダルト系とアニメ系のツイート内容もイメージ合わないからアウト。」

ホリ「ちょ、、マジか。所属してる会社で弾くって相当だなー。。普通にサービス開発してるのに。しかし、TENGAレベルでアウトなら全く拡散できないんじゃ?」

友人A「うん、クライアントはやまもといちろうもはあちゅうもよく知らないレベルだしね…」

ホリ「あっ…(察し)」

 

となりました。

 

じゃあAnanとかもきっとダメなんでしょうね。Spotlightここらへんも全部アウトですし、「恋愛とセックスの関係」「女子の本音あるある恋愛コラム」とか、

男性はTENGAと発言することすらいけません。

弊社の名前をつぶやくことすらアウトです。妊活とかも下手したらアウトなんだな。

某銀座でホステスしてたアナウンサーみたいなの一切ダメってことなのよね。

清廉〜!

 

エロに一切触れたことのない聖人のみしか触れられないものに、なんの価値があるのでしょうか?

エロがすべて、とはいいません。エロ大好き!とも言いません。

しかしながら真面目に生きてきたつもりです。

 

でもエロいものすべてを排除した世界があるなんて思ってませんし、

そんな世界つまんねえよぉう…。とひたすら悲しくなりました。

 

誰も悪くないんです。そらー商品のブランディングで考えたら大問題だし。

ただ、そんなざっくりとフィルタリングして欲しくなかったなーという気持ちです。

 

 

 

fucking great! な世の中に拍手。

という年末を過ごしました。

 

 

※追記

アダルト表記については人それぞでの捉え方があるが、会社名でのフィルタリングはあってはならない事だと思う、と友人Aからコメントいただきました。ホリから紹介した方々には友人Aからの謝罪とお詫びの品が送られています。

ついでにドギつすぎたのでタイトル変更しました。