やぶれかぶれ

WEBの人。酒を燃料に、じゆうにいきる。

DMM.comラボを退職しました。そして伝説へ…。

f:id:Yabre-Kabre:20160511185453p:plain

 

 

会社を退職しました。

 

2年という短い期間でしたが、濃度の高い時間を過ごせたと思ってます。いろんな人にお世話になったり、遊んでいただいていたので、寂しいなーという気持ちをなんと表せばいいかわからないのでブログに残しておこうと思います。

あとGW明けって転職が増える時期らしいですね。参考?になれば。なるのか?

 

これまでの経歴

これで人生で三度目の退職となりました。

→雑誌編集(2年)

フリーランスデザイナー(1年)

→WEBディレクター&ライター(1年)

→開発&運営ディレクター(2年)

 

そして次はメディアの編集兼ディレクターとなります。

 一貫性がありそうであんまりない…。

まあやれるっしょ!と色々首を突っ込む雑食系です。

 

 

DMM.comラボで何やってた? 

▼開発ディレクター

アプリとWEBのサービス運用・改善、新規サービスのディレクション

これまでもチーム開発とかワイヤー引いたり要件定義、UI設計とか経験してきたけれど、100人近くが絡む大規模な開発に上流から絡んだことなかったのでホントに色々と学びがあった。

そもそもコード書けないディレクターな私は開発に対する理解度が低かったので、いろんな人にお世話になったし、迷惑もかけた。「何もできない自分」はクソ&クソすぎてつらかった。でもDMMのディレクターはSE寄りな部分も多く、これまでやってきた「ディレクター」よりもやることが多くて、ゴリゴリ吸収させてもらった。

 

▼メディア編集

編集やライター経験があったのでディレクターの肩書のままメディアの編集をやることになりました。が、携わって2ヶ月でそのメディアはご臨終。ライターさんに声をかけて準備や体制を整えて…といったところで終わったので効果も出ず、悔しい結果になってしまった。この時にお声かけしたライターさんに申し訳がなく、自分としてももっとメディアに関わっていきたい。もっと人にとって面白いことやタメになることをしたいと思ったのが転職の大きなきっかけとなりました。

世の中おもしろい方が楽しいからね〜。

電車の中、家でくつろいでいる時間、休み時間などのスキマにクスッと笑えたりするようなものを様々な形で作り続けていきたいです。

 

▼イベントとか採用系の資料作成

一線で活躍する世のプロデザイナーからすればゴミのようなスキルですが、デザインがチョットできます。簡単なイラスト描けたり、Adobeソフトは大体使えるので、ディレクター系のイベントの資料であったり採用系のフライヤーなどを作らせてもらえました。ちょっと見栄えのするプレゼン資料であったり、簡単なモックアップなども作れるので、社内のプレゼン大会でも賞をもらえたりしました。うれしかったござる。 

 

 

DMMに入社してから

アダルト? レンタル? 艦これ? 3Dプリント? ヤクザな商売?

何か最近ゴリゴリやってるIT系…だよね?

入社前は自分もそんなイメージを抱いてました。

 

ビッチギャル風の見た目だけどお年寄りに席を譲る真面目な人」を想像してください。それがDMMです。実際の社風は想像していたよりもめっちゃ真面目です。

 

成長し続けているので人がめちゃくちゃ増えて大変だとは思うけど、それを踏まえた上で制度を新たに作ったり、改善要望を総務や上層部がしっかり拾ってくれてたりしました。

例えば

「すべての会議室にモニターを設置したい」という希望もすぐさま導入されていたり、「社員同士の交流のキッカケが欲しい」というアイデアも採用されてたり。

どんなことに対してもスピード感があり、それは社内全体の事業に対する姿勢も一緒。ダメだと思ったらさっくり切るし、イケてると思ったらすごい勢いで進んでくようなところでした。

「ついてこれる奴だけついてこい。でも決められたルールはきっちり守ろう」ってな感じですかね。ただ漠然と「面白いことしたいなー」と考えていた私も積極的に手を挙げることでいろんなことをやらせてもらえました。

 

つらつら感想書いててもまとまらないので

箇条書きでまとめてみました。

 

DMMの良かったとこ

・サービス規模が大きい

・恵比寿(ランチは高い。雰囲気はいい)

・めっちゃ人多い(大企業感)

・イベントスペースがある(100人くらい入るし、勉強会も多い)

・人が良い(面白い人、良い人が多い気がする)

・「これやってみたい」が大体叶う

・椅子がアーロンチェア

・新規サービスガンガン作る

・圧倒的な財力を感じる

・「風通しのよい会社デス!」が嘘じゃない(上司とも気さくに話せる)

・部活動がある(フットサルとかサバゲーとか)

・ヒットコンテンツもいっぱいあるし、伸びしろがある

・会長が尊敬できる&面白い

 

DMMのウーンなとこ

・会社名言うと男性陣からやけに「お世話になってます」と言われる

・扱ってる商材がアダルトなものも多いので初対面で弄られる

・非アクティブな人にはつまらない会社だと思う

・良くも悪くもワンマンな部分がある(会長若いしバリバリだからしゃーない)

・人が多すぎてスピード感がなくなる時もある

・気づいたらサービスができて、サービスがなくなってる

 

こんな風に書いてはみましたが、基本的に大きな不満はありませんでした。

利点と不便が表裏一体なのはどこも同じでしょうし、会社に所属して仕事をする点において問題はないです。会社として常に改善を続けてくれるコトはありがたいことだと思います。

給料は良くも悪くも「普通」です。ガンガン売上立ててるIT系にしては「安い?」とは思うかもしれませんが、平均年収(28歳女性)よりは全然上ですし、評価制度も整ってきたので「やることやれば上がる」感じですかね。

まあ実力次第だと思います。

めっちゃ貰ってる人もいたし、「え、そんな額なの!?」みたいな人もいた。

まあさすがにブログでは詳しく言えません。個人的に聞いてください。

 

唯一の弱点

DMMがオトコノコの夢が詰まったサービスであることを大いに理解はしているつもりですが、それを心無くネタにする人が多いことが唯一気になることでしたかねー。

 「AV出てるの?」「エロ動画見放題なの?」

とかしょっちゅう聞かれました。社内にはきれいなお姉さんやカワイイ人もかなり多かったですが、みんなそんなゲスなこと聞かれてたのかなーと想像するとちょっと萌えますね。
今となっては扱ってるサービスもめちゃくちゃ多く、いろんな事業をやっていますが、やはり多くの人が抱くイメージは「アダルト」だし、まあそりゃそうなるか。

 

でもDMM気になるな。面白そうだな。と思える方には是非勧めたいくらいです。

ちょっとくらいダメダメなとこをぶっちゃけたりしてネタにしようと思ってたのですが、普通に「良かったな」という感想しかない。

 

最近もアフリカ進出したりしたりしてるし、

ラウンジなんてサービスもできてるし、イイナーと思ってます。

 

次はどこへ?

このブログがあるところ。そう、はてなです。

はてなをのぞく時、はてなもまたこちらをのぞいているのだ…。

 

はてなダイアリーも使ってたし、ブクマも見るし、Pressoも自分が好きなサービスに関われるのって嬉しいですね。

メディアに携わってる時もはてなCMSを検討していたりしましたが、まさか自分が入社することになるとは思っていませんでした。

入社前にもちろん面接とかもしたんですが、面接がクソ面白かったのが印象的です。

はてなランチでダイエットしようと思います。

 

あとがき

もう一つ、大きく人生の変化になりそうな出来事がひとつ。

昨日検査に行ったら妊娠していた。

これから入社なのにどうしよう無計画。

さすがにいきなり妊娠は会社にクソ迷惑じゃんヤバイ。と思いつつ、3ヶ月前に妊娠して流産したりしてたのでちょっと安心してる部分もあったり。複雑な気持ちです。

「また流産するんじゃ…」と不安がありますが、やれることはちゃんとやろうと思います。

子供は欲しいですし、好きですが、自分が女性であり妊娠・出産というタスクを抱える必要があるとこういう時に苦しいですね。ジレンマです。

ただ、子供が産まれても仕事は続けたいです。最高にクリエイティブなことだと思います。

木村カエラちゃんも子供産んでもかわいいしね。イケるっしょ。

 

 

最近、我が家のブームは「苗字と組み合わせることでキラキラネームっぽいけど普通の名前」を考えることです。ホリススムかホリリンが有力候補です。